霊長目オナガザル科(日本固有種)  大きさ 雄53cm〜60cm 雌47cm〜55cm 本州〜九州 下北半島と東北のグループは絶滅の恐れが高い地域個体群、ヤクシマザルは準絶滅危惧種(環境庁) 天然記念物(下北半島) U類(CITES)
 群れで生活する。世界のサルの中では最北にすむサル。数頭の雄と母子からなる20頭から150頭の群れを作る。雑食性。秋の繁殖期には、顔と尻が赤くなる。子どもは一度に一頭しか生まれない、母子の関係はむつまじい。身近に見られるほのぼのした動物だが、農村では人間の生活域に入り込んだり、地域によって数が増えすぎたりして、駆除されることがある。
ウォッチングのコツ・・・地獄谷では、通年、観察できる。ただし、エサの豊富な夏は山の奥に行っていることもあるので、、会えないこともあるかも。スノーモンキーに会いたいなら、真冬。しっかり雪山の服装をして、雪歩きに向く靴で出かけよう。・・・  
ニホンザル 1

  地獄谷のサルは、「スノーモンキー」の呼び名で世界でも有名だ。日本では温泉に入る「温泉ザルといったほうが知っている人が多いだろう。
 申年を迎えようという年の暮れに、僕はこの地獄谷を訪れた。
 あわよくばサルと一緒に温泉に入りたい・・・・。

 志賀高原のふもと、地獄谷 野猿公苑では、350頭ほどのニホンザルが餌付けされており、冬は毎日温泉にやってくる。ニホンザルは世界で一番北に住むサルだ。
 特にここ地獄谷のサルはアメリカの雑誌「ライフ」の表紙を飾って以来、雪の中温泉に入るサルとして世界的に有名になった。はじめて温泉に入ったのは一匹の子ザルだったという。
 
 この日も100人以上は見学者が来ていただろうか。軽装の若い外国人がけっこう来ている。もしかしたら日本より海外の方が有名なのかもしれない。

←子ザル、仲良く

 地獄谷のサルの餌付けは、猿害(田畑の作物を食べてしまうなどの被害)のため射殺されようとしていたサルの群れを守るため、40年ほど前から始まった。
 当時は23頭の群れだったそうだ。
 
 ニホンザルの寿命は25年〜30年というから、写真のこの子たちには知る由もない、遠い昔の出来事なのだろう。

 おサルは本当に温泉に入っていた。なんとしてでも一緒に温泉に入りたい。でも立ち並ぶ超高級カメラの前では、さすがに僕も温泉に入る度胸がない。足を滑らせて落ちてしまう作戦も考えたが、帰路の山道30分をびしょぬれで歩く根性がない。だから、上の写真のどちらかが僕であるなどと勘違いしないで欲しい。両方とも本物のおサルだ。


もどる

  地獄谷のスノーモンキー

平成15年12月20、21日 長野県山ノ内町 地獄谷・野猿公苑

← 山に帰る

 日が沈んできた。
 サルたちは山に帰る。
 
 ここ地獄谷はサルも人もマナーが良い。サルは同じ道をすれ違う人間を気にすることも、ちょっかいをかけてくることもない。
 また、人がサルに手を出したり、エサをあげたりすることもない。

←翌朝・・・晴天!

 晴れると一変する地獄谷の様子。 
 木々に積もった雪が美しい。真冬の青い空を見上げることも、ここへくる大きな楽しみだ。
 下は野猿公苑すぐ下の一軒宿 後楽館

気持ちよさそ〜  僕も入りたかった・・・  

← 寄り添いあう親子

 晴れると気温は下がる。外気は零下、この日は風もあり、一層寒さが厳しい。
 でも、心なしか、彼らの表情が穏やかに見える。 

 左はお母さん、右はお姉さんザル(1〜2歳)、そして春に誕生した子ザルだ。夫婦と子どものように見えるが、ちょっと違う。

 あちこちで、温めあうサルたちが見られる。寄り添いあう冬のサルたちを、猿団子と呼ぶそうだ。

 

 サルたちは真冬の厳しい寒さを知っているからこそ、ちょっとした陽だまりや、抱き合うぬくもりの温かさを知っているのだろう。 

地獄谷野猿公苑

〒381-0401
長野県下高井郡山ノ内町大字平穏6845番地
TEL 0269-33-4379

地獄谷にすむニホンザルを観察
餌付けは公苑が管理しているので、観光客が与えることは厳しく禁じられている。長野の美しい自然とともにサルの生き生きした生態を観察できる。
開園時間:夏期 8:30〜5:00、冬季 9:00〜4:00
入園料:中学生以上500円、子ども250円

※ 詳しくは野猿公苑ホームページへ

現地施設


ぶんぶく ぶんぶく探検隊トップページへ
リンクフリーです

←天候急変、大雪に・・・

 この日は午後から天気が崩れ、大雪となった。温泉でじっとしているサルに、雪が降り積もる。

 暖かいのだろうか、寒いのだろうか。でも僕はめちゃくちゃ寒い。重くて湿っぽい雪だ。上着がどんどん濡れていく。
 

←雪はどんどん降り積もる・・・・・

 雪はますます強くなっていく。サルたちは白く染まっていく。

 子ザルの口元に母のおっぱい。そして母の手は子ザルをしっかり抱き寄せる。
 ふと、厳しい寒さを忘れてしまう。

bunbuku

bunbuku

bunbuku

抱き合う母子 ↓
 長い毛は地獄谷のサルの特徴。
 

bunbuku

bunbuku