ハクジラ亜目 マイルカ科  大きさ 2.7m   日本では和歌山県より南の海域に分布
ミナミハンドウイルカは、ハンドウイルカと比べて体が小さく、腹部に斑点がある。沿岸近くにすんでおり、数十頭の群れを作っている。小笠原諸島(東京都)、御蔵島(東京都)、熊本県五和町、鹿児島県奄美大島など、温かい海の沿岸にすんでいる。
ウォッチングのコツ
  生息地は
いずれもイルカウォッチングのためのクルージングやダイビングが盛ん。小笠原諸島などイルカウォッチングの盛んな場所では好奇心の強いイルカが船によってくることもあるそうだ。
  熊本県天草諸島の五和町では、観光産業としてイルカウォッチングが盛んだ。観光船に乗れば、9割以上の確率でイルカを観察することができる。
 船の横を並ぶように泳いだり、水面をはねたり、楽しませてくれた。
 
   
ミナミハンドウイルカ

撮影 : 熊本県天草市五和町(平成16年2月)

 ウォッチング船があり、ほぼ確実に見ることができるが、ごくまれに湾内を広く回遊して餌を探すことがあり、そういう時は見られないとのこと。

 ウォッチング船は観光シーズンには60艘以上出るそうだが、船数が多く、混雑時以外は予約がなくても乗船できるだろう。乗船時間は1時間程度。出航してすぐイルカに会える。

 写真は船の周りを泳ぐイルカの群れ。エサを採っているとのことで、わりと速く泳ぐ。エサ採り中は、すぐ近くで顔がよく見えるけど、速すぎて写真も撮りにくいし、ジャンプとかも見られないのが残念・・・・・。

 ここ五和町の通詞島はミナミハンドウイルカが観察できる場所として有名だ。島周辺に130頭ほどのミナミハンドウイルカが生息している。
上の写真の一番手前に泳いでいるのは子どものイルカ。母親にしがみつくように泳ぐ。


 イルカ類の撮影はとても難しくて、飛んだ瞬間にシャッターを押したつもりでも、たいてい背中やしっぽしか写っていない。でも、母イルカの背中が出るタイミングで仔イルカは顔を出すので、偶然写真に写っていることがたびたびある。
 家に帰ってからはじめて気づくのだけど・・・。

もどる

現地施設

五和町
イルカウォッチング船
五和町観光案内所(イルカウォッチングの案内)
電話 0969-32‐2223
五和町の通詞島周辺では、バンドウイルカのウォッチング船を運航。
好奇心が強く、人なつっこいイルカたちに会える。
駐車場:あまくさ漁協五和町統括支所前) 無料
出港時間:@10:00 A11:30 B13:00 C14:30D16:00
所要時間:1時間
乗船料:中学生以上2,500円  小学生1,500円
観光情報は、天草宝島観光協会HP
ウォッチング情報は、天草イルカインフォメーション

ぶんぶく ぶんぶく探検隊トップページへ
リンクフリーです

bunbuku

bunbuku

bunbuku